【5秒深呼吸法】やり方/方法【動画】ストレッチトレーナー・兼子ただし[教えてもらう前と後]ウエストがマイナス10センチに?

スポンサーリンク

滝川クリステルさんが、メインMCを務めるMBS/TBS系「教えてもらう前と後(12月4日放送)は、ストレッチトレーナー・兼子ただし先生が、お腹ポッコリを5秒吸う×5秒吐くだけの呼吸方法「5秒深呼吸法」するだけで、撃退出来るという「呼吸法」のやり方を紹介します。

やり方は、5秒吸う×5秒吐くだけで、この方法マスターすれば、お腹ポッコリを解消するだけでなく、姿勢もよくなるとの事ですよ!
この「5秒深呼吸法」でポッコリお腹のウエストがマイナス10センチになる方法とは?

また、空前の大ブームになっている缶詰、「イワシ缶」の活用術が紹介されます。

スポンサーリンク


5秒深呼吸法のやり方(方法)

今回、ストレッチトレーナー・兼子ただしさんがスタジオで直伝するダイエット方法は「5秒深呼吸法」です。

食事制限無し、どこでも出来るダイエット方法です。

毎日わずかな時間の呼吸法でお腹はスッキリするというダイエット方法です。

その「5秒深呼吸法」のやり方は、お腹ポッコリを5秒吸う×5秒吐くだけのシンプルな呼吸方法です。

兼子ただしさんによれば、お腹ポッコリを撃退出来るのみならず、姿勢もよくなるとの事です。

5秒深呼吸法の動画

5秒深呼吸法の本「体がよみがえる首起こし深呼吸 5秒吸う×5秒吐くだけで不調が消える!」

やり方は、
1.最初の5秒でいきなり口から吐き出します。

2.口を閉じ5秒間鼻から息を吸う

3.6回1セットとします。

4.1日に朝・昼・晩の3回行う

これだけです。

※この投稿は加筆中です。番組終了後にまとめなおします。

ぽっこりお腹の理由

兼子ただしトレーナーによると、呼吸が浅いと姿勢が悪くなり、頭痛のなど身体の不調の原因にもなります。

しっかり深呼吸をすると、首の筋肉、胸の筋肉、お腹の筋肉といった全身の筋肉が動きます。

なので5秒間キッチリと深呼吸をすると姿勢が綺麗になります。

具体的に言うと、息を吸うと肋骨の下にある横に広がる筋肉「横隔膜」が動きます。

浅い呼吸の場合、横隔膜はあまり動きません。

すると次第に内臓が下がりポッコリお腹になってしまします。

それが姿勢の悪化に繋がります。

人間は、本来息を吸う時、身体が伸びて良い姿勢になります。

しかし、現代人は口呼吸が中心となってしまうため息を吸う力が衰えているので姿勢が悪い傾向になっています。

この呼吸法「5秒深呼吸法」は長く吸って横隔膜を鍛え、身体(姿勢)を矯正する事によりぽっこりお腹を撃退するダイエット方法なのです。

補足

一般的に人間の頭の重さは8キログラムですが、姿勢が悪く首が前かがみになっていると、10キログラムの負荷が背中にかかる事になり、頭痛や腰痛の原因にもなります。

スタジオで博多大吉さんの直立時の首の傾きを計測した所、首が前かがみに20度傾いていました。

かなりの重みが背中に負担としてかかっている事が伺い知れます。

この状態だと柔軟性が低下する恐れが有ります。

しかし、この状態は、呼吸法とマッサージで横隔膜を刺激する事で改善が出来ました。

呼吸法とマッサージのやり方

1.肋骨と筋肉の境目を抑えて呼吸を履きながら押します。
これにより横隔膜が押されます。
2.押さえていた手を離して息を吸います。
すると息の吸いが深くなります。
3.この動作を3回1セット行います。

この呼吸法とマッサージにより博多大吉さんの姿勢が真っ直ぐになりました。

まとめ

・呼吸が悪いと横隔膜があまり動かない為、内臓が垂れてきてぽっこりお腹の原因となり姿勢も悪くなる
・5秒深呼吸法により横隔膜の動きを鍛える事で内臓が垂れる事を防ぎ、姿勢も良くなる
・大角膜を鍛えればぽっかりお腹が改善される
・頭痛や腰痛の改善に繋がる
・やり方は、5秒間息を吐く→5秒間息を吸う、を1セット6回で、1日朝、昼、夜の1日3回行う
・食事制限は不要

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク