ふえふきマスタードを通販でお取り寄せするには?青空レストラン 山梨県笛吹市

スポンサーリンク

満天☆青空レストラン(2019年7月13日)の公式通販は、山梨県笛吹市で「未熟ブドウの果汁」を使いフルーティな味わいに仕上がった「ふえふきマスタード」のお取り寄せが可能です。

マスタードは、アブラナ科アブラナ属の
葉野菜(からし菜)の種
カラシナブラックマスタード、
ブラウンマスタード、マスタードシード
などをすりつぶして、発酵前のぶどう果汁や
ワインビネガーを加え、ペースト状にして作られます。

その為、フランスのブルゴーニュ地方の様に
高級ワインの産地はマスタードの美味しい産地でも有ります。

中世ヨーロッパで愛された
マスタードの起源は
カラシナの種に未熟ぶどう果汁を混ぜたもの」だったと云われています。

ブルゴーニュ地方と同じく笛吹市は、日本有数のブドウの里です。

そこで山梨県に地域おこしの支援をする総務省の事業「地域おこし協力隊」とした移住してきた木村早希名人と八木優彰名人のお二人が笛吹市のワインとして出荷される前の「未熟ブドウの果汁」と地元で生産されるカラシナを使って国産のマスタード「ふえふきマスタード」を開発しました。

「ふえふきマスタード」は、酢だけで作ったマスタードよりも、酸味がマイルドな味わいに仕上がって、カラシナの種をたっぷり使用した力強い風味を引き立てます。

また、 素材の味を活かすため、添加物や塩、砂糖などを使っていないので、料理の味を邪魔しません。

「ふえふきマスタード」のお取り寄せは
● 全国の美味しい食材を取り扱う「うまいもんドットコム」
● ぴりまるけ(笛吹マスタード工房)オンラインショップ
● ふるさと納税(ふるさとチョイス)の返礼品
● そして、青空レストラン公式通販
などから可能です。

青空レストラン公式通販では
● ふえふきマスタード プレーン」と
● ふえふきマスタード すももフレーバー
のセットが販売されていますよ。

スポンサーリンク


ふえふきマスタードの通販・お取り寄せ

ふえふきマスタードは全国の美味しい食材を取り扱う「うまいもんドットコム」からお取り寄せが可能です。

ふえふきマスタード通販はコチラ
↓↓↓↓↓↓

ふえふきマスタード通販

青空レストランの公式通販「ふえふきマスタード」

「ふえふきマスタード」は、青空レストランの公式通販でも販売されますが、青空レストランの公式通販は番組開始と同時にアクセスが集中し、繋がった頃には売り切れが続出するので、「うまいもんドットコム」から注文する方がつながりやすいかもしれませんね。

● 青空レストラン公式通販山梨県 笛吹マスタードセットのお取り寄せはコチラ

● 「ふえふきマスタード」を生産販売する会社「ぴりまるけ」のオンラインショップもアクセスが集中しすぎてつながらない事が予測されます。

「ぴりまるけ」のオンラインショップはコチラ

スポンサードリンク


ふえふきマスタードとは?

ふえふきマスタードを開発したのは
都会から地方に一定期間移住し、
地域おこしの支援をする総務省の事業

「地域おこし協力隊」協力隊員の木村早希名人と八木優彰名人のお二人です。

現在は「地域おこし協力隊の任期を終え
新たに「ふえふきマスタード」を生産販売する会社「ぴりまるけ」を設立しました。

その前にマスタードがどの様に作られるか?
を説明します。

マスタードの材料や作り方は?

マスタードの原料は、アブラナ科の「からし菜・カラシナ」の種子と「酢」です。

「からし菜」は英語でleaf mustard
リーフマスタードの名の通り辛味のある葉で
茹でて食べると、苦みと辛味を感じます。

改良を加えられたサラダにピッタリのサラダからし菜も有ります。

サラダからし菜

マスタードの材料に使われる「からし菜」は

イエローマスタード
ブラウンマスタード
ホワイトマスタード(シロガラシ)
オリエンタルマスタード(和辛子)
などが有ります。

使われているのはイエローマスタードとブラウンマスタードの種です。

イエローマスタードシードとブラウンマスタードシード

作り方

マスタードの作り方は
からし菜の種子やからし菜の粉末に、
酢の酸味を加えて作ります。

マスタードの起源はカラシナの種に、
酸味として、未熟なぶどうの果汁を混ぜたものと云われています。

その為、フランスの高級ワインの産地はマスタードの美味しい産地でも有ります。

スポンサードリンク


ふえふきマスタード


笛吹市は農林水産省の
果樹生産出荷統計によると桃・ぶどうの
栽培面積・収穫量・出荷量が
全国の市町村の中で一番で
「桃・ぶどう日本一の郷」宣言
「日本一桃源郷」宣言をしています。

日本一桃・ぶどうの生産量を誇る理由は
土壌は肥沃で排水がよく、
日照時間が長い上に昼夜の温度差が大きい為、
果樹栽培に向いているからです。

その為、勝沼・塩山・山梨市に負けないくらい数多くのワイナリーが存在します。

そこで、山梨「地域おこし協力隊」が
笛吹市はブドウとワインの産地だから、きっと美味しいマスタードが出来るはず

と考え

カラシナの種は、イエローマスタードとブラウンマスタードを選び、お酢の代わりに「未熟ブドウの果汁」を使いフルーティな味わいの「ふえふきマスタード」が完成しました。

市販品のマスタードは、殆どが海外産のカラシナの種を使っているのに対し、原料にこだわり地産のカラシナの種から栽培しています。

利点として原料のカラシナは
生産の手間がかからない上、管理も簡単な為
耕作放棄地や遊休農地で栽培する事により、
農業による地域の活性化が期待される事が挙げられます。

値段は?

ふえふきマスタードは
ぴりまるけ(笛吹マスタード工房)
オンラインショップでは
● プレーン
● すもも
● ワイン
● 食べ比べセットが販売されています。

全国一律 500円で、3,000円以上のご注文で送料が無料です。

ふえふきマスタード(プレーン)

画像出典:ぴりまるけ
(笛吹マスタード工房)
https://pirimaruke.official.ec/
¥ 486(税込み)

ふえふきマスタード(すもも)

画像出典:ぴりまるけ
(笛吹マスタード工房)
https://pirimaruke.official.ec/
¥ 518(税込み)

ふえふきマスタード(ワイン)

画像出典:ぴりまるけ
(笛吹マスタード工房)
https://pirimaruke.official.ec/
¥ 518(税込み)

ふえふきマスタード 食べ比べセット

画像出典:ぴりまるけ
(笛吹マスタード工房)
https://pirimaruke.official.ec/
¥ 1,500(税込み)

どこで買える?販売店は?

【店名】農産物直売所「八代グリーンファーム」
【住所】山梨県笛吹市八代町南4632-1
【TEL】055-265-2121
【営業時間】9:00~18:00(季節により変動)
【定休日】火曜日(季節により変動)

【店名】かいてらす(山梨県地場産業センター)
【住所】山梨県甲府市東光寺3-13-25
【TEL】055-237-1641
【営業時間】毎月第4
火曜(祝日の場合、翌日)
【定休日】9:00〜17:00

【店名】農産物直売所「たべるJA(じゃ)んやまなし」
【住所】山梨県甲府市青葉町1421-1
【TEL】055-225-1001
【営業時間】午前9時30分~午後6時(4月~12月)
午前9時30分~午後5時30分(1月~3月)
【定休日】水曜日(祝日は営業)

東京都内でも買えます!

東京日本橋の山梨県アンテナショップでも販売されており購入が可能ですよ♪

【店名】富士の国やまなし館(山梨県アンテナショップ)
【住所】東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル1F
【TEL】03-3241-3776
【営業時間】11:00~19:30
【定休日】不定休

青空レストラン 公式通販 山梨県 笛吹マスタードセット

青空レストラン 公式通販では
● ふえふきマスタードプレーン 3瓶
● ふえふきマスタードフレーバーマスタード 1瓶
の笛吹マスタードセットがお取り寄せ可能です。

【値段】¥1,980 +消費税
【送料】¥741+消費税

ふえふきマスタードフレーバーマスタードは、山梨県産の濃縮すももペーストをたっぷり混ぜ込み少し甘味があり、女性やお子さんにオススメのマスタードです。

青空レストラン公式通販山梨県 笛吹マスタードセットのお取り寄せはコチラ

全国の美味しい食材を取り扱う「うまいもんドットコム」

ふえふきマスタード通販

ぴりまるけ(笛吹マスタード工房)オンラインショップ

木村早希名人と八木優彰名人のマスタード工房の「ぴりまるけ(笛吹マスタード工房)」のオンラインショップはコチラ

ふるさと納税(ふるさとチョイス)の返礼品

山梨県 笛吹市へ、寄附金額5,000 円以上で返礼品として受け取ることが可能です。

内容は

● ふえふきマスタード(プレーン
● ふえふきマスタードすももフレーバー
● ふえふきマスタードワインフレーバー

各20gのセットです。

ふるさとチョイス・A5-77 ふえふきマスタード食べ比べセットはコチラ

「ふえふきマスタード」のお取り寄せ まとめ

● ふえふきマスタードのお取り寄せサイト
┗ うまいもんドットコム
┗ ぴりまるけ(笛吹マスタード工房)
┗ ふるさと納税の返礼品
┗ 青空レストラン公式通販
● えふきマスタードは笛吹市で収穫された未熟ブドウの果汁とカラシナから作られる
● 域おこしの支援をする総務省の事業「地域おこし協力隊」とした移住してきた木村早希名人と八木優彰名人のお二人が考案した

本日は最後までご覧いただきありがうございました

スポンサーリンク